So-net無料ブログ作成
天海紀行 ブログトップ

岡豊山 [天海紀行]

 JR土讃線後免駅より西に1km行ったところ。
 そこから北に白い建物の見える山が岡豊山。
 白い建物の手前一段上がった高いところが、岡豊城の本丸(詰)があったところ。
 正面手前の草原が小籠、中島。右奥が吉田、江村一帯。
 城山の背後に連なる山が嶺石連山。その峰の向こうに本山郷がある。
岡豊1.jpg





朝倉城跡 [天海紀行]

 JR土讃線高知駅より西に5キロ、鏡川に掛かる鉄橋を越えるとすぐに朝倉駅に着く。
 その南西に見える山が重松山。
 かつてここに本山茂宗が土佐中原の覇権を目指して築いた朝倉城があった。
 いくつもの郭を構えた連郭式の城は南北約1キロにも及び、南の端に出城の鵜来巣城が守りを固めていた。
 まさに圧巻の巨城も、今は本丸跡と古井戸を残し、すっぽりと木々に覆われている。
 また、鵜来巣城跡も城地の大半が宅地開発によって削られ、山頂に小さなお堂を残すのみである。

朝倉城1.jpg





朝倉城の本丸は国立病院の裏手にあった。
うぐるす緑地が鵜来巣城跡。

茂串山城跡 [天海紀行]

DSC_2077-1.jpg


茂串山城跡。
写真中央、やや突き出た山頂に詰の段があった。

IMG_20150918_121628.jpg


麓に四国三十七番札所岩本寺がある。
お寺の裏手には仁井田五人衆の一人、窪川(山内)氏の墓がある。








吸江 [天海紀行]

IMG_20150918_114911.jpg


五台山付近。
麓に吸江庵跡がある。
五台山の名も、吸江庵に因む。
近くには、伊達騒動で有名な伊達兵部宗勝の墓がある。
百数十年後、長宗我部氏が伊達騒動と深く関わることになるとは、国親も思ってもいなかっただろう。




楠目城跡 [天海紀行]

DSC_2340-3.jpg


楠目(山田)城跡

左手、木々の茂る中に城があった。今は中学校がある。
山並みの右奥、尖った辺りに烏ヶ森の城があった。




甫木山 [天海紀行]

DSC_2337-1.jpg


甫木山
繁藤方面から見た甫木山。
あの峰を越えれば、眼下に香長平野を一望できる。







天海紀行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。