So-net無料ブログ作成

天23章 漁夫の利(その三) [天海山河]

弘治二(1556)年、覚世は水争いを口実に突如として土佐郡秦泉寺郷へ討ち入った。
秦泉寺城主の吉松(秦泉寺)掃部頭茂景は、あわてて朝倉に援軍を求めたが、義父との争いを憚った本山茂辰は、覚世の行動を不問に付した。
覚世の事前工作が功を奏したのである。
この茂辰の対処に、腸を煮えくりかえしたのは茂景であった。
吉松氏は清和源氏の流れを汲む名門で、かつては土佐吾川両郡にまたがる広い土地を有していたが、今は秦泉寺一帯に限られていた。
誇りを傷つけられた茂景は、
「式部少め、我を外様と侮りおって。おのれ見ておれ、我が手でいずれ滅ぼしてくれよう。」
と、本山茂辰を罵って、覚世に降を願い出た。

「秦泉寺殿は殊勝と見えますな。」
と、周孝は言った。
「丁重に迎えねばな。」
と、覚世は相槌を打った。
「如何にござりましょう。降には証しが要りまするが、秦泉寺殿には優れたる息子がござる。これを人質にというのは、人聞きが悪い。幸い、槍術に長けたる者と聞き及べば、御息男の槍の指南としては。」
と、周孝は提案した。
「なるほど。それならば秦泉寺の気位も保たれよう。」
「武家の棟梁の血は崇めて損はござらぬ。」
「叔父貴(藤原)もわし(秦)も源氏あっての武士じゃからのう。」
「まっこと片身が狭うござりまする。」
長宗我部氏の外交は実におもしろい。
同じ四国の三好氏が有力豪族と婚姻、養子縁組みを結び、主筋の細川、足利を戴いて畿内を席巻したのに対し、長宗我部氏はその例のみならず、殊に源氏の血統との縁組みを大切にした。それは息子の元親にも受け継がれ、吉良、香宗我部、佐竹、池といった源氏の分流を秦門に組み込んでいった。
覚世には引け目があったのかもしれない。無論、ただの田舎大名に留まるのであれば、引け目など感じずともよいのであるが。
「まっこと片身が狭い。」
と、覚世は天高く宙を舞う鷹を見て笑った。

茂景は嫡男豊後守泰惟を岡豊に送った。
泰惟を見た覚世は息を呑んだ。
-一騎当千とはこのことか。-
身の丈は六尺に迫ろうか。大備後や小備後、中島大和守と比しても、勝るとも劣らぬ筋骨隆々の見事な偉丈夫である。
「良うございましたな。組討ち致せば、我が方は十や二十は首が宙を舞っていたやもしれませぬな。」
と、周孝が耳元で囁いた。
覚世は苦笑して、
「十、二十では済むまい。士気次第で百は献上しておったわい。」
と、返した。
「くわばらでござる。」
と、周孝も苦笑いした。
昇田新右衛門は、
「豊後殿、本日より弥三郎様と弥五郎様の槍指南をお頼み致すが、よろしいか。」
と、訊ねた。
泰惟は深々と頭を下げて、
「これは誠に有り難き幸せ。悦んでお請けつかまつらん。」
と、返答した。
「それは良かった。それでは豊後殿、頼み申すぞ。」
と、覚世は泰惟を手厚く迎えた。
これもまた、長宗我部外交の持ち味であった。
一条氏のような他家のみならず、家臣や陪臣への書状に「恐々謹言」と敬意を払っているのである。
どうやら、長宗我部氏は専制君主制というよりも、国一揆の様相を呈していたようである。

数日後、覚世と周孝は石清水(国分)川の土手を歩いていた。
ふと、対岸に目を遣ると、釣人が竿を垂らしていた。
「あれは何を釣っておるのかのう。」
と、覚世が呟いた。
「はてさて、長魚籠(びく)にござるな。鰻ではあるまいか。」
と、周孝は言った。
「なるほど、鰻か。」
と、覚世は久々周孝の達見ぶりに感心した。
「鰻は威勢が良く暴れまわるゆえ、精がつきまする。」
と、周孝は声を弾ませた。
すると、釣人は竿を引き揚げ、獲物の頭が水面に現れると、左右に竿を振った。
「やはり鰻にござるな。」
と、周孝が言った。
「何ゆえすぐに釣り上げぬ。」
と、覚世が訊ねた。
「鰻は宙に出ると、暴れまわって糸を切りまする。あの者はそれを知って、あのように弱らせておるのでござりましょう。」
と、周孝は答えた。
釣人はひとしきり竿を振ると、垂れ延びた鰻を釣り上げた。
「鰻が気の毒じゃのう。」
覚世はあの鰻が本山茂辰に思えた。
「まっことにござる。」
と、周孝は返した。



天23章 漁夫の利(その四) [天海山河]

この頃、一条氏や本山氏が戦に明け暮れる中、長宗我部氏は五年のあいだ大した戦もなく、平穏そのものであった。
覚世に至っては寺奉行として吸江庵の山争いを解決するなど、まさに順風満帆であった。
「長らく戦をしておらぬな。」
と、覚世が言った。
「おかげで蓄えも出来申した。」
と、周孝が岡豊城の米蔵を指差した。
「叔父貴、そろそろ背後を固めておきたいのだが。」
と、覚世は言った。
「背後。」
と、周孝はとぼけた。
「叔父貴はずるくなったな。子細を謂わぬとも察しておるくせに。」
と、覚世は返した。
「隔靴掻痒ですからなあ。」
と、周孝は背を掻こうと手を伸ばした。
「何じゃそれは。」
と、覚世が訊ねると、周孝は、
「『無門関』※の言葉にございましてな、痒いところを掻いたとて、うまく行かず、もどかしいことでござる。」
と、五十肩を指差した。
覚世は呆れ顔で、
「叔父貴は難しい言葉を知っておるのう。しかし、わざわざ身を呈して説かずともよいぞ。」
と、周孝の背中を掻いてやった。
周孝はまるで猫のように背を反らしながら、
「さても香宗我部は未だ家中一致とは言えませぬゆえ。」
と、坊主頭をぽんと叩いて見せた。
周孝は香宗我部に余程の引け目があるようである。
「叔父貴は香宗の土居は出入り止めじゃからのう。」
と、覚世がからかうと、周孝も、
「それはそなたも同じこと。」
と、返した。
「やれやれ、わしも叔父貴も香宗我部は苦手じゃのう。」
「どこから糸口を掴みますかのう。」
と、周孝は覚世の顔を見た。
もっとも、引け目があるのは覚世の方である。
覚世には四人の息子がいる。
弥三郎、弥五郎、弥七郎、弥九郎である。
その中から香宗我部氏の娘に目会わせる婿を選ばねばならぬ。
無論、長男は後継ぎとして残さなければならない。
「姫殿は幾つであったかな。」
と、覚世が訊ねた。
「十八と聞き及びまする。」
と、周孝は答えた。
十八と言えば、次男の弥五郎が丁度である。
しかし、覚世には弥五郎を手放したくない訳がある。
周孝もそれを察して、口を差し挟もうとはしなかった。
覚世はしばらく考えた。
弥五郎は年の頃も良く、勇敢にして知恵もまわる。香宗我部家に入っても家臣に侮られることはあるまい。
だが、頭が痛いのは長男の弥三郎である。
弥三郎は軟弱で家臣にも侮られるほどである。いっそのこと弥五郎を家嫡に立てたいほどである。
そんなことを行ったり来たりと思い巡らしていると、覚世は腰がむずむずとして来た。
「叔父貴、何を押し黙っておる。」
と、覚世は周孝を怒鳴った。
周孝は腹のうちで笑いを堪えた。
「左様に苛立たれて、如何なされた。」
と、諭すと、覚世は憮然として、
「やはり、弥五郎を遣るのは惜しい。」
と、応えた。
「では、弥七郎様ですなあ。弥九郎様はまだ十でござるからのう。」
と、周孝は言った。
しかし、覚世には弥七郎を選ぶには少々不安がある。
「弥七郎は弥三郎に似て少々大人しいぞ。」
と、苦言を呈した。
「それが良いのでございます。大人しければ、異を唱える者も抱き込みやすくなりまする。剛は反って波風を立てるゆえ、ここは柔が宜しゅうござる。」
と、周孝は答えた。
「弥七郎は十六、姉女房になるがな。」
「それも宜しゅうござる。」
と、周孝は微笑んだ。

永禄元(1558)年、覚世は香宗我部氏に弥七郎を遣わすと伝えた。
弥七郎はすぐに香宗城へ行くことはなく岡豊に置かれたが、援軍として吉田大備後が嫡男伊賀介重康を伴って香宗城の東にある上夜須の古城、釣鐘城を改修して入った。
麓を流れる夜須川の向こうには、安芸方の尼ヶ森城がある。
吉田親子の行為は一触即発ともなりかねないが、安芸方も釣鐘城に大備後が入ったとあっては、なまじっか手を出すこともできない。
安芸備後守国虎は黒岩越前に命じて後詰めに馬の上に城を築かせた。
以降、長宗我部氏と安芸氏は川を隔ててにらみ合うこととなった。

岡豊では覚世と周孝がまた川の土手を歩いていた。
「釣鐘に舎弟が入ったようにござる。これでようござりましたかのう。」
と、周孝が唐突に言った。
「上々じゃ。安芸が動けぬのなら。」
と、覚世は答えた。
「確かに。香宗我部の安芸寄り衆も、息を潜めるしかありますまい。」
と、周孝は言った。
土手道からは誇らしくそびえる岡豊城が見える。
しばらく行くと覚世が不意に、
「仰山釣れたかのう。」
と、対岸の釣人を指差した。
「釣れましたのう。たいそう漁夫の利が。」
と、周孝が返した。
すると、覚世は笑って、
「おいおい、叔父貴殿。漁夫の利は魚ではないぞ。蛤と鷸(しぎ)じゃ。魚を釣ってはおらぬ。」
と、先を歩んで行った。




※宗の禅僧、無門慧開(むもんえかい)が著した書物


天24章 御畳瀬へ(その一) [天海山河]

土佐の沖を一隻の帆掛け船が西から東へとゆっくりと進んでいた。
この船の主は高島与十郎という若い商人である。
この時、与十郎は頭を抱えていた。
それはこの船の中を見れば一目瞭然である。
いつもであれば白磁青磁、米を積み、数艘の荷船を従えて急いでいるところを、この度はがらんと空いた舟倉を与十郎は虚しく眺めていたのである。
当時、堺や都では白磁青磁は珍重され、また畿内では戦乱で田畑が荒れ果て、米が不作となっていた。
堺に棚を持つ与十郎は、件のごとくいそいそと土佐中村へやって来たのだが、伊予の役が長引くと、いつまで待っても唐荷の舟は来ず、はたまた米も兵糧に送られて、何一つまともなものは手に入らなかった。
「これでは我が舟の品は唐物ではなく、空物と謗られよう。とんだ頃に来たものじゃ。」
と、嘆いた。
ふと、与十郎は、幼き頃、父につれられ土佐にやって来た時のことを思い出した。
与十郎は階(きざはし)を駆け上がると、陸に視線を遣った。
「やれ、水主よ。あれは何処か。」
と、遥かに見える湊を指して問うた。
「あれは前浜にござる。」
と、水主は答えた。
「確か、ちょ、ちょう、ああ、何と言ったか。」
「長宗我部様でござるか。」
「そうじゃ、長宗我部じゃ。水主よ、すまぬが急ぎあの湊に着けてくれ。」
と、与十郎は水主に恃んだ。
水主が舵をきると、船は風を帆に受けて、すいすいと湊へと進んでいった。

与十郎は陸に上がると岡豊の覚世のもとを訪ねた。
「そなたは確か御所の供御※であったな。」
と、覚世が訊ねた。
「はい、京、堺にて商う唐物を仕入れておりまする。」
と、与十郎は答えた。
「ほう、珍しいものを扱うのじゃな。して、左様なものを商う貴殿が、何ゆえわしのような田舎者に挨拶しに参った。顔でも伺って来いと御所に頼まれたか。」
と、覚世は若い与十郎の顔を見て、にやりと笑った。
「滅相もござりませぬ。」
と、与十郎は神妙に応えた。
「わはは、冗談じゃ。貴殿の顔を見れば分かる。何か困り事じゃな。塩か、油※か、それとも材木か。」
と、覚世は訊ねた。
「恐れながら、どれも頂きたき品にござりまするが、此度は米を頂きとうございます。」
と、与十郎は答えた。
「米か。左様に容易いものが欲しいのか。」
「はい、畿内にて米は唐物に比する危急の品にございます。」
と、与十郎は頭を下げた。
「ほう。」
と、覚世は一歩歩み出た。
「かつて貴殿の親父殿が米を西海諸国に売って、砂糖、種子島※を買い求めておったが、此度は米を畿内に売ると申すか。」
「はい、今や堺は種子島を買い求めませぬ。鉄砲はこちらから売るものにございます。」
と、与十郎は答えた。
「何、堺は種子島を自前しておると申すか。」
「はい、堺はその富にて、すこぶる栄えております。人の数も京を凌いでおります。」
「それほどに堺は栄えておるのか。」
「それゆえ、堺は畠山、三好に狙われてります。」
「ふむ、では堺の衆は畠山や三好と戦をする気か。」
「いいえ、無論、我らを滅ぼすとあれば、それも厭いませぬが、商人とお侍様は共に居らねばどちらも立ちませぬ。その事は畠山、三好も心得ておりましょう。」
と、与十郎は答えた。
「では、堺はどちらに付く気じゃ。」
と、覚世は訊ねた。
「どちらにも付きませぬ。」
「ほう、何ゆえ。」
「畠山や三好だけではござりませぬ。何処のお大名様にも味方致しませぬ。故に堺の町はぐるりと堀に囲まれておりまする。」
と、与十郎は答えた。
「それでは城であるな。なるほど、読めたぞ。大名に殺し合いをさせる気だな。さすれば世を牛耳るは将軍や侍ではなく、商人と言うことになるな。」
と、覚世は言った。
「いえいえ、左様な大それたことは考えておりませぬ。何処かに我らの商う物が要るというのであれば、誰彼と問うことなく品を売る。そんなしがらみのなき商いが出きれば良いのでございます。これが供御人と言うものにございます。」
と、与十郎は毅然として己の有り様を陳べた。
覚世はこの若い商人が気に入った。
覚世は、商人というものは迎合するものと、常々思っていた。
しかし、与十郎はそうではない。率直にものを言うので、内股膏薬のような感がない。かといって嫌味もなく、土佐人には心地がよい。
覚世は、
「げに天晴れじゃ。貴殿に米を遣ろう。欲しいだけもって行け。」
と、与十郎に領内での自由な米の商いを認めた。
与十郎は喜んで舟倉に積めるだけの米を買い付け、それを荷駄車に乗せて岡豊を後にすることにした。
与十郎の船では石清水川の浅瀬を渡ってくることは出来ないのである。
去り際に、覚世は与十郎を呼び止めて、
「今後はわざわざ岡豊に来ずともよい。浦戸口の種崎にて買い付けよ。平舟にて米をそこへ送って置く。」
と、言った。
与十郎は礼を言うと、何度も振り返ってはお辞儀をし、岡豊を去っていった。


※供御(くご)人: 朝廷や公家に出入りする御用商人。地方に出掛けて珍しいものを仕入れ、畿内へ運んだ。中世には京や堺、奈良に座を形成した。
※油: 鰯など青魚の油。行灯の明かりに使う必需品であった。
※種子島: 鉄砲のこと。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。