So-net無料ブログ作成
検索選択

天21章 物部川(その五) [天海山河]

真武が屋敷を出たのは亥の刻を過ぎた頃であった。
折しも秋雨が降り注ぎ、辺りは漆黒の闇である。
真武は目をそばめ、街道を北へと進んだ。
半里ほど行くと、小さな門を構えた屋敷に突き当たった。
真武は、脇戸に立ち、
「八木肥前にござる。」
と、中に向かって声を掛けた。
すると、脇戸の小窓が開き、下人が灯りを照らしながら、
「お待ちもうしておりました。」
と、戸を開けて、真武を屋敷へと誘った。
下人はこの日の昼間、真武の屋敷に現れて、こんな夜更けに来るよう伝言したのである。
真武は下人に訊ねた。
「そなた、何故斯様な夜更けに呼んだのじゃ。」
下人は何か考えている様子であったが、
「お屋形様のご命に御座います。」
と、 答えた。
真武は下人が何かを知っていると察したが、あえて聞こうとはしなかった。
真武が奥の間に通されると、
「おお、肥前殿か。」
と、声を掛けた者がいた。
家老の下司九郎左衛門である。
その傍らには岡本伊賀守保清をはじめ、北村新左衛門秀張、久甫内勘左衛門ら重臣が、薄暗い一本のろうそくの灯りを囲んでいた。
一同は顔を合わせるなり、訝しく思った。
一体何のためにここへ集まったのか見当がつかないからである。
すると、後から声がした。
「皆、集まったようじゃな。」
振り替えると、そこに香宗我部親秀が立っていた。
親秀は真武の顔を見て、
「肥前もよく参った。そこへ座れ。」
と、指図した。
真武が席につくと、親秀は上座に腰を掛け、
「皆に集まってもらったのは他でもない、養子のことじゃ。」
と、言った。
「畏れながら、その事につきましては、家中にて岡豊、安芸との決着がつきませぬ。」
と、九郎左衛門が言った。
親秀は大きく頷き、
「存じておるとも。これはすべてわしの不始末じゃ。されど、よく見よ。今宵ここへ呼んだそなたらを。」
と、問いかけた。
一同は再び顔を見合わせると、合点がいった。
ここに安芸派の者は誰もいない。
「わかったようじゃな。わしの心は初めから決しておる。そもそも安芸など入る余地は無い。そのために、そなたらを呼んだのじゃ。」
と、親秀は語気を強めた。
その時、ここに居合わせた誰もが、親秀の本心を悟らずにはいられなかった。
「畏れながら申しあぐる。ご非情なるお覚悟にはござりませぬか。」
と、真武が翻意を促した。
「やむを得ず。」
と、親秀は答えた。
「しばらくのご猶予を。」
真武の言葉に親秀は首を横に振った。
「されど、」
と、真武が声をあげると、九郎左衛門がそれを制した。
「肥前殿、貴公の気持ちはよく分かる。しかし、大殿はそれ以上に思い詰めておられる。ここに至っては大殿のお気持ちを汲み取られよ。」
九郎左衛門の言葉に萎れた様子の真武に、親秀は言った。
「貴殿のごとき家来を得られたこと、この香宗我部家にとって誉れである。されど、此度は危急のこと。意を曲げて、わしの志を受けてくれ。安芸に悟られぬよう殺れ。」

庭先では、秋雨の中をきりぎりすだけがけたたましく鳴いていた。



天21章 物部川(その六) [天海山河]

弘治二年十月二十一日、この日は雲一つない蒼天であったという。
香宗我部秀通は従者を連れて、物部川のほとりに向けて城を出た。
先日、真武から狩の誘いを受けていたのである。
ちょうど、河畔には雁が群をなして飛来する時季であったこともあり、武芸調練に疎まない秀通は悦んでこれに応じたのである。
城の大手に差し掛かると、一人の男が周章てた様子で駆け寄ってきた。
男は香宗我部一門の西山兵太夫であった。
「兵太夫、どうした。」
と、秀通は馬の手綱を引いた。
「こたびのご遊覧はお止めくだされ。家中に不穏な動きがござりまする。」
と、兵太夫は忠言した。
「兵太夫、心配いたすな。本日の誘いは肥前守じゃ。それに、城にこもっておってはこの身が鈍るばかりじゃ。斯様な晴れた日に、外へ出ぬして、どうせよと言うのじゃ。」
と、秀通は兵太夫を諭した。
秀通の言葉には厭世から逃れたい気持ちが見て取れた。
城の中は、安芸か岡豊かで紛糾するばかりである。
兵太夫は、
「ならば、私もお供いたしましょう。」
と、列に加わった。

一行が城の西、郭の木戸を越えた辺りであった。
街道の傍らにこんもりと枯れ草に覆われた小高い土手がある。
その上には大きな杉の木が一本立っていた。
すると、その根元の辺りから、被り物をつけた男どもが、わっと躍り出た。
その数、十八はあろうか。
男どもは腰の佩き物を抜き、行く手をふさいだ。
西山兵太夫はとっさに駆け出し、秀通の前に立つと、刀を抜いて、
「何ゆえの狼藉ぞ。」
と、一喝した。
すると首魁とおぼしき男が、
「親秀公のご命なり。」
と、答えた。
その言葉に、従者の多くが逃げ出し、残った者は兵太夫を初め、近習の岡本与兵衛、池内長介だけであった。
「八木に謀られたか。」
秀通はそう言うと、槍を取って構えた。
首魁の男は、
「退かれぬとは、お見事なお覚悟。」
と、言うと、仲間に合図して、一斉に襲いかかってきた。
秀通は先を駆け寄る敵を一突きで崩すと、馬から飛び下り、二人三人と突き倒した。
兵太夫も敵の刃を太刀で払い、討ち取ると、岡本与兵衛、池内長介も兵太夫に遅れじと、刀を抜いて敵中に斬り込んだ。
主従四名はここを一所と思い定めて、獅子奮迅した。
あまたの切り傷、刺し傷を負った。
太刀は刃こぼれ、槍は血潮で朱に染まる。
息も絶え絶え、北風になびく衣手に汗血がこぼれる。
しかし、敵は新手新手と刃を下ろす。
秀通は怯まず、滑る槍柄を取り直し、ついに敵の悉くを討ち果たした。
「殿、ここにいては危のうございまする。早う城に戻りましょう。」
と、兵太夫が声をあげた。
すると、秀通は振り返り、おぞましいほどの笑みを返してきた。
兵太夫は背筋が凍りついた。
秀通の袖はまるで幣(ぬさ)のごとく垂れ下がり、そこから血が滴り落ちている。
秀通は槍を杖におもむろに歩みだした。
その先は城の方角とは異なり、北の中山田に通じる径である。
兵太夫らは無言で秀通に従った。
しばらく行くと、一本の松が生えていた。
秀通はその根元に腰を据えると、兵太夫に向かって、
「天の理、我にまさに死すべし。我死して汝は池内肥前と議して、岡豊が息男をして嗣がしめ、我が父(養父親秀)の志と成せ。」
と、遺言すると、脇差しを抜いて十文字に腹をかっ裂いた。
それを見た岡本与兵衛と池内長介は互いに刺し違えて、秀通に殉じた。
兵太夫は周章てて駆け寄り、秀通の身を起こした。
秀通は虫の息の中、
「汝は我に殉ずるな。」
と、息絶えた。
「なんたる無情。なんたる無情。」
蒼天のもと、辺りには兵太夫の声だけが木霊した。