So-net無料ブログ作成

天23章 漁夫の利(その二) [天海山河]

家忠と勧修寺基詮は時折様子を見て、津島表へ出張った。
南方に一条氏きっての名将がいることは、西園寺衆にとっても脅威であった。
西園寺実充は板島丸串城に一門の西園寺宣久を入れ、一条勢の動きを警戒した。
実はこの少し前、弘治二年に実充は累代の居城、松葉城から南にあるより堅固な要害の黒瀬城に移っている。一条、大友方に抗するためであっただろう。
この戦の最中、一条兼定と宇都宮豊綱の娘との祝言が執り行われた。
一条勢は西園寺実充を三方からぐるりと取り囲み、この年の暮れ、ついに西の海から臼杵越中守鑑速(あきすみ)が率いる大友の大軍が攻め寄せてきたのである。
この事態に土居宗雲は一族を率いて、大森城から海沿いにある難攻不落の要害、石城へ移った。
斯くして、康政の狙いは河後森城の一点に絞られ、城主渡辺政忠は降伏し、一条氏の連枝東小路家より式部少輔教忠を養子に迎えることで和議を結んだ。
まさに康政の策は功を奏したかのように見えたが、石城に拠る土居一族は宗雲の奮闘により何と三年も持ちこたえたのである。
何よりも岩壁に囲まれたこの城はまさにその名に相応しく、石の楯となって、一条、大友の大軍を跳ね返した。
「名将とはまた名城を持つものか。」
鑑速は宗雲の戦いぶりに感服した。
和議を持ち掛けても応じるような男ではないと踏んだ鑑速は、石工衆を呼んだ。
豊後には古来より断崖に石仏を彫るなど、良い石工衆が居る。
「あの岩を削れるか。」
と、鑑速は訊ねた。
石工の棟梁は、
「なかなか難儀な岩のようでござりまするが、我らに彫れぬ石はござりませぬ。四国の岩にこの鐫(のみ)を当てられるは誉れにござる。」
と、腕をやくした。
「頼もしき言葉かな。」
「それではさっそく。」
と、石工の棟梁は鑑速の前を辞した。
石工衆は硬い岩を削り、一月ほどで城の井戸水を抜いた。
水抜攻めを食らった宗雲はついに覚悟を決め、一族を集めると、
「ここで敵の軍門に下り、後世に主君を欺いたと名を汚すより、死を定めて最後の戦をせん。然れば、わが一族の命脈を孫、虎松に託せん。皆々、同心してくれぬか。」
と、言った。
一族郎党一人も異議なく、虎松は母とともに僧に連れられ城を出ると、大友の陣に降を願い出た。
それを鑑速は快く受け入れ、
「宗雲殿はまこと誉れ高き武将よ。もし伊予に大星、太地があらば、万軍を率いる将であったろうに、四国なる狭土にあったばかりに如何ともし難い。これ天運のなすところなりや。」
と、宗雲を哀れんだ。
しばらくして、石城の大門が開かれると、宗雲を先頭に、土居一族がおめきを上げて打ち出してきた。
宗雲は長刀を振るい敵陣に数度討ち入ると、残兵をまとめて城に入り、嫡子清実とともに自害した。
永禄四(1561)年のことであった。
ここに至って、西園寺実充も降伏し、大友氏の監視下に置かれることとなった。
虎松は鑑速の計らいで土佐中村に送られ、歳の近い渡辺教忠とともに成長した。それが後の土居清良である。

さて、少し時は遡り、一条と本山が西の戦に忙しい最中、
「我らもそろそろ動きますかな。」
と、吉田周孝が言った。
「気付けば我らも歳を取ったのう。」
と、覚世は応えた。
「いかにも、みな我らより若うございますな。」
「式部少輔(本山茂辰)に、小松谷寺(康政)。」
「大友殿もまだ二十七、八と。我らより歳ゆくは安芸の大江(毛利元就)殿だけとのこと。」
と、周孝が言った。
「おいおい、叔父貴殿、大江はわしよりも上であるが、そなたよりは若いと聞くぞ。鯖を読んではならぬ。」
「はて、そうでこざいましたかな。これは失礼。ははは。」
「何を笑うておる。」
「いやいや、可笑しゅうて。」
「何が可笑しい。」
「分かりませぬ。」
「そうか、分からぬか。それは可笑しきかな。はははは。」
覚世も周孝も笑いのつぼが似か拠るのも、それが長き年月を共に経てきたことを指し示していた。
長宗我部氏はまさに覚世と周孝の二人三脚で歩んで来たのである。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。