So-net無料ブログ作成
検索選択

天22章 国司下向(その一) [天海山河]

ところで、もう一つ土佐に起こった血の粛清を語らねばなるまい。

この頃一条氏は主不在の状態であった。
一条房基が亡くなったあと、幼少の万千代丸は大叔父一条房通の養継子となって京に上っていたからである。
房通には兼冬、内基という息子がいた。
ところが、兼冬は曾祖父兼良に似てすこぶる英才であったが、身体はそれに似ず生来病弱であった。二十五の歳にして関白に就いたものの、その後間もない天文二十三(1554)年に亡くなった。
また内基(ただもと)はというと、兼冬が亡くなった時まだ七つの歳であった。
つまり、一条家には次代を担うものが、幼い内基とこの万千代丸しか居なくなってしまったのである。
内基が無事に成人するという保証はなく、この時点で、万千代丸も京一条氏の世継ぎ候補だったのである。
行く末を案じた房通は十歳の万千代丸を元服させ、兼冬から一字を取って兼定と名乗らせた。
そして、兼冬が亡くなった二年後、それを追うかのように房通も亡くなった。弘治二(1556)年のことである。
土佐のような遠国に生まれ、関白、氏長者、そして准三后と位人身を極めた人物は房通をおいて他にない。稀代の中の稀代である。
さて、兼定はというと、天文二十年に正五位下に叙されると、とんとん拍子に位を駆け上がり、従三位左近衛少将と禁裏において一条家の顔となっていた。
また、その偉丈夫ぶりは目を見張るものがあり、身の丈六尺、力も強く、度々家人を相手に相撲をとったり、弓の稽古をしたりと、まるで武士のような振る舞いをしていた。
無論、この様子に眉をひそめる者もいた。
「あれは公達ではない、武士の子よ。」
と、噂した。
一方、内基はというと、房通の懸念に反して無事に成長し、十歳になっていた。
「若君様は来年正五位下に直叙されるそうじゃ。」
「これで亡き房通公もさぞや黄泉でお喜びであろう。」
と、家人どもは囁きあった。
兎も角、一条家の家人どもは、腕白な兼定の気質に馴染めないのである。
しかし、当の兼定と内基の仲はたいそう良好であった。
「内基、それでは夜党が襲ってくれば命がないぞ。」
兼定は二尺の擂り粉木棒を内基に投げ渡した。
内基はそれを拾うと、
「兼定兄、お願い申す。」
と、一声した。
「よし来い。」
兼定はひしゃくでこれを受けた。
「えい。」
「ほほう、今度はいいな。されどまだまだ。」
兼定は手首を返して、擂り粉木棒をいなすと、内基の小手をぽんと叩いた。
「あ痛た。」
内基は悲鳴をあげて、擂り粉木棒を落とした。
「これ、棒を落としてはならぬ。敵に手を打たれたとて命をとられたわけではない。傷を負ったとてすぐに身構えねば殺されてしまうぞ。」
と、兼定は叱咤した。
すると、その声を聞き付けた内基の乳母が駆け付けて、
「これ兼定殿、幼い内基殿に何ということを。」
と、兼定を叱りつけた。
兼定はこの乳母がどうも苦手であった。
「これは申し訳ない。」
兼定は頭を垂れた。
「そもそも、…。」
乳母がそう言いかけると、
「お待ちくだされ、これはまろが…。」
と、内基が言うや否や、乳母はこれを制して、
「内基様はおっしゃらずともようございます。そもそも兼定殿の母御は武人の血を引いておられるのに対し、内基様のお母上は公卿の出、貴殿とは身も心も違います。それをまあ、このような武士の遊びごとのお相手をさせるとは、末おそろしや。さあ。」
と、家人どもに命じて、内基を兼定から浚うかのようにして連れ去ってしまった。
そして乳母は、ふんと鼻で笑うとその場を立ち去った。
兼定はじっと黙ってやり過ごし、乳母の陰が消えるのを確かめると、ひしゃくを地面に叩き付けた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0